フリーダイヤル ※10:00~18:00(年末年始を除く)

0120-63-3322

電話する

10:00~18:00
(年末年始を除く)

品質/性能

盤石な基礎と地盤対策

想定外の揺れにも負けない真の強さ。

耐震工法とは法律で義務付けられた工法で、建物を建てるうえでは欠かせません。
しかしいくら耐震性が高くても、震度6強以上の強震や度重なる余震を受けると、建物は当初の強度を保てなくなるもの。
最悪の場合には、倒壊に至ることも十分ありえます。
そこで考えられたのが、地震エネルギーを吸収する制震工法。地震テクノロジーは人と住まいを守るために、日々進化し続けています。
近年の巨大地震のデータを基に、最も安心な“耐震”+“制震”住宅を採用。

アイムの家は地震補償付き

いままでの地震対策に、より確かな安心を。

かつては柱と梁、壁で建物を固くし、強い力で揺れに対抗する耐震工法が主でした。
しかし近年は最低限の装備である耐震工法に制震技術をプラスし、より安全性を高めるという考え方が広まっています。

建物を固くして地震エネルギーに「力で対抗する」という考え方を耐震構造といいます。
建物の強度を上回る強い揺れの場合、内部の構造が壊れて弱くなり、揺れやすくなる可能性があります。

制震材などを利用して、建物の揺れを吸収する方法です。建物の構造を損傷から守ります。
繰り返す揺れにも有効なので、建物の性能を維持します。他の地震対策と比べて低コストなのも魅力です。

地震への不安をまるごと解消します!

地震に強い構造+万が一の地震に備える保証で長く安心して暮らせる住まいを実現しました。

耐震・復元力・制震で大地震に備える耐力壁「SANTAS」を使用!国土交通大臣認定

地震対策に必要な3つの性能を備えるオールインワン耐力壁の動画はこちら

繰り返しの余震にもSANTASの性能は持続します

振動を受けたときの比較