Now Loading...

Now Loading...

アイム・コラボレーションは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ビルダーです。
2019年までに普及率50%、2020年までに普及率60%を目指します。

※2018年度実績 21%

アイムブログ

アイムの家づくりブログ ~街中に住むということ~

こんにちは。マーケティング課の山田です。

皆さんは新築住宅を検討する際、土地からお探しでしょうか?

岡山では新築住宅を検討している約7割の方が住宅だけではなく、
土地も同時に購入していると言われています。
実際、弊社でも多くの方が土地を購入し、建築をされています。
アイムでは土地探しもお手伝いしているのですが、年々「土地が無い」、「価格が高い、上がっている」という声を聞くことが増えています
事実、国土交通省の調査を見ても岡山駅の地価は変動率が3.85%もアップしています。
特に駅やスーパー、病院等の生活施設が近く、利便性が良い街中のエリアは人気のため、土地代が高くなりがちです。そのため、街中に住みたくても土地が高いために諦めている方も多いのではないでしょうか?

 

今日はそんな方に提案があります

 

それは「街中に3階建ての家を建てる」ということです

IMG_2171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3階建てと聞くと「階段の上り下りが大変そう」というマイナスなイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?そんな3階建てのメリットデメリットをご紹介します。

まずはデメリットからご紹介します。

デメリット① 「動線」

先程、挙げた階段の上り下りも関係してくる動線問題。
最近では家事動線を良くし、日々の生活を楽に、そして家族との時間を増やしたいという声を良く聞きます。
3階建ての場合は階層が増える分、家事の動線が複雑になりがちです。
例えば1階で洗濯物を回し、3階のベランダに干すという間取りであれば、毎日重たい洗濯物を持って階段の上り下りをしなければなりません。
2階建て以上に3階建てを建てる時には家族の生活スタイルを良く検討して建てる必要があります。また、年を取り、足腰が弱くなった時のために3階まで上がらなくても生活が成り立つような工夫をしておくと安心です。

西迫様邸 (26)

 

 

 

 

 

 

 

 

デメリット② 「建築の制限」

土地の場所によっては北側斜線や防火地域等の制限があるところもあります。特に3階建ては家の高さが高い分、建築の制限がかかることも多々あります。土地を購入の際には不動産会社だけではなく、建築業者にも建物の高さや形状等をよく相談し、思い描く家が建つのかを考慮する必要があります。

 

デメリット③ 「耐震性」

地震大国である日本では耐震性はとても重要です。特に3階建ては高さがあるため、2階建てに比べて揺れやすくなります。また重量も重くなることから建物の耐震性や地盤を強固なものにすることが大切ですが、そのためにコストがかかり、2階建てよりも費用が上がってしまうこともあります。

 

 

次にメリットについてご紹介します。

メリット① 「土地を最大限活用」

一番のメリットはやはり、土地を最大限に活用できることです。建ぺい率や容積率等、地域によっては制限もありますが、限られた土地に可能な限り建物を上に広げることで床面積を増やすことができるので、同じ土地でも希望の部屋数や広さを確保しやすくなります。また街中のエリアは金額が高かったり、そもそも売り地の面積が小さかったりすることも多いため、狭小地と呼ばれる土地を選ぶことで土地の購入資金を減らすこともできます。

 

 

メリット② 「個々のプライベートを確保」

3階建ては間取りの工夫次第で階層ごとに使い分けができることも特徴にあります。例えば、1階は店舗や事務所、ビルトインガレージとして活用し、2・3階は生活スペースとすることもできます。先述で挙げた「動線問題」も考え方を変えれば、個々のプライベートが確保しやすいということになります。この階層を上手く利用し、2世帯住宅を検討される方もいらっしゃいます。1階は親世帯、2・3階は子世帯として生活したり、1階は親世帯の寝室で2階は親子共通のリビングスペース、3階は子の寝室としたりすることも可能で、階層の使い分けをすることで程よい距離感を保つことができます。

IMG_2196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メリット③ 「日当たりや通風の良さ」

周辺環境にもよりますが、2階建てに比べて高さが高い分、一般的に3階建ては見晴らしや日当たり、風通しが良いと言われています。特に周りが低層の建物であれば、眺望・採光・通風の良さはより期待できます。

逆に狭小地で隣家と近くても3階建てであれば高い位置から自然光を取り入れることが可能なため、
明るさを確保しやすくなります

 

毎日の生活動線や建築の制限等、デメリットもありますが、間取りの工夫次第では3階建ての良さを生かした生活もできます。
利便性が良い街中に家を建てたいけど、土地の面積が少ない、または土地の購入資金が高い」と悩んでいる方は一度、「3階建ての家」も検討してみてください。

アイムでは現在、約18坪の狭小地に3階建て(2SLDK)の期間限定モデルハウスを建てています。

2台分の駐車スペースと屋上バルコニーを備えたシンプルでかっこいいモデルハウスは必見です。

興味がある方は是非、この機会に一度ご見学ください。

 

アイムの3階建て住宅を見てみたい方はこちら ↓

https://www.ie-miru.jp/cms/yoyaku/imc/events/7927?utm_campaign=&utm_content=7927&utm_medium=8&utm_source=embedded&utm_term=

IMG_2144