アイムの家

BLOG

スタッフブログ

2020.06.18

家づくりで重視したい収納 ~ 紙 編 ~


前回のブログでもご紹介した収納問題。
服やバッグなど物が溢れると、とても目立つし、気にする人も多いはず…
でも服やバッグなどに比べると目立たないけど、
意外と溢れがちなもの…

それは



ん?紙?と驚かれている方も多いかもしれませんが、
意外と片付けるのに面倒だったりしませんか?

例えば、

「園や学校からもらった案内の紙」
「子どもが描いてくれた家族の絵」
「町内の清掃案内」など

いろいろな案内として使われる紙は、
すぐに捨てるというわけにはいかないものも多いはず。
ましてや、子どもが描いてくれた絵ならなおさら捨てられないですよね


取っておきたいけれど、
どこかへしまうとしまっていることを忘れてしまったり、
見えるように置いておくには場所がなかったり、
結局、冷蔵庫に紙がびっしり貼られている
なんて光景もよく目にします。

どこにでもしまえるけど、
しまうと見えづらく、忘れてしまう

意外と紙をどこに収納するかって大切です

そこで活躍してくれるのが、
マグネットが使えるボードです。

最近では、DIY文化が一般的になり、
マグネットが貼れる素材の種類も年々増えていますよね。
家族が集まる場所に用意しておけば、
案内の紙や大切な絵などを簡単に貼っておくことができます。


■誰でも自由なレイアウトが可能に

マグネットでくっつくので、
お子様でも簡単に貼り付けることが可能です。
また、ボードがあるところなら、
どこでも貼り付けることができるので、
レイアウトも自由にできます。



■ケガの危険性を軽減

画鋲などに比べてマグネットはピンがないので
落として踏んでもケガをする危険性は軽減されます。



■キレイを保てる

マグネットなので貼り紙がいらなくなれば、
簡単に取り外すことができます
また、穴をあけたりすることもないので、
壁を傷つけることもなく、キレイを保てます。


また、アイムで採用されることの多い
不燃マグボードであれば、冷蔵庫ドアの表面に使われている素材と同じなので、
耐久性も高く、お手入れも楽です。

さらに不燃性なので、取り付ける場所の幅も広く、
安心して使うことが可能です。

「子どもの大切な運動会の案内の紙がなくなってしまった」
「掃除当番の日を忘れてしまって、ご近所の方に迷惑をかけてしまった」

こんなことがないように、
紙の収納も一度、考えてみてくださいね。
※マグネットをくっつけられる壁にはいろんな種類がありますので、お気軽にご相談ください。


ちなみに6/27(土)・28(日)に開催予定の完成見学会では、

不燃マグボードを採用しています。

気になる方はぜひ見学会会場で実物を見てみてください♬

【新築完成見学会】ルンバが走る いつでもスッキリZEHの家

 

個別相談会のご予約はこちら