アイムの家

BLOG

スタッフブログ

2020.08.07

新築時に外構をした方が良い理由


初めてのお家づくりでは、
「家事動線の良い間取り」や「自分の好みに合った内装」など
叶えたい夢がどんどん膨らみますよね!


でも、思い描いた理想のお家は建てられたけど、

「お庭や外構のことは何も手つかずのまま」
「建物にお金がかかってしまい、思うような外構ができなかった」
「なんとなく建物と外構のイメージが合わない」など

外構を後回しにしていたことで、
せっかくのお家のイメージが下がってしまうことも…


そんなことにならないように、
新築を検討されている方はぜひ外構も一緒に検討することをおすすめします!




■ 外構を含めたトータルコーディネートができる

新築時に外構を同時に行う1番のメリットは、
お家と調和の取れた外構に仕上がることです

新築の設計時に駐車スペースやお庭の広さ、使い方を考えておかないと、
エアコンの室外機などの屋外に設置する機器や屋外給排水の枡など外構の邪魔になることも…
入居後に外構工事をする場合には、
屋外の機器が邪魔で移設することになれば、移設費が余分にかかります
逆にそのままにしておく場合は、玄関アプローチに枡があったり、
お庭から機器類が見えてしまったりなど
思い描いたイメージにならないこともあります

新築の設計時に外構のことを一緒に考えておくと、
見せたくないものは目立たないように工夫し、
見せたいものをよりキレイに魅せることができます



■ すべて完成した状態で入居できる

新築時は建物のことで頭がいっぱいという人も多いと思います
ただ、建物の完成後も引っ越しや手続きなどで思っている以上に忙しく、大変です
そうなると外構工事は建物ができてから考えようと思っていても、
ずるずると先延ばしになってしまう可能性もあります…。

また、新築後には親族や友達などが遊びに来ることが自然と増えます
しかし、外構が未完成だと車が停めづらかったり、子どもがお庭で遊びづらかったりと、
なんとなく人を呼ぶことに抵抗があるということもあるかもしれません



■ 入居後に業者に気を使わずに済む

居後に外構工事をする場合、業者さんの出入りが気になったり、
重機を用いた工事の時には子どもが危なくないように注意したりなど、気疲れすることも

また、駐車スペースなどを工事する場合は自家用車を別の所へ駐車する必要があり、
その際には別途、仮の駐車場代がかかることもあります



■ 防犯面で安心して住める

外構は見栄えを良くするためだけではなく、防犯面でも大きな役割を担っています
フェンスや門扉は外からの視線を程よく遮り、泥棒などの侵入対策にもなります

また、外灯は外構工事で検討されることが多いため、
外構が未施工の際には夜間の帰宅時に足元が見えづらく危険な時もあります



■ 住宅ローンに外構費用を組み込める

新築時であれば、建物工事費と一緒に外構工事費用を住宅ローンに組み込むことが可能です
※一部、住宅ローンに外構工事費用を含むことができない金融機関もあります

しかし、入居後に外構工事費用をローンで支払うことになった場合、
諸経費ローンやフリーローン、エクステリアローンなど利用することが多く、
金利も住宅ローンよりも高いことが一般的です
また、ローンを組む際には住宅ローンを申し込んだときと同じように、
銀行に出向き、申込などの手続きが必要となり、ローンを組むための諸経費も別途かかります

そのため、諸経費や金利の面から考慮すると、
住宅ローンに外構工事費用を含む方がメリットが大きいと言えます



新築時には、ついつい建物ばかりに気が取られてしまいますが、
外構のことも一緒に考えることが大切です!

後から、「外構のことを考えておけば良かった」と思うことがないように、
理想のお家づくりを進めてくださいね


アイムの家には、外構専門の女性スタッフがいますので、
建物と外構のイメージの共有や建物の工事と合わせた工期など、
お家と外構の調和が取れたお家づくりが可能です

ぜひ、建物だけでなく、外構もお気軽にご相談ください♪
※建物をアイム以外の会社様で建築されているお客様も対応しております


● 外構のご相談はこちら ●

アイムの庭ホームページへ

 

● アイムの家の施工事例はこちら ●

『お庭で作る小さな家庭菜園』をテーマにしたお庭づくり