アイムの家

BLOG

スタッフブログ

2021.07.09

外壁の種類と特徴

こんにちは アイムの家の坂本です♪

今回のブログは外壁の種類と特徴についてご紹介したいと思います

 

外壁は様々な種類に分けられます。

・窯業系サイディング

・金属系サイディング(ガルバニウム鋼板)

・樹脂系サイディング

・木質系サイディング

・モルタル

・タイル

・ALC

 たくさん種類がありますね


今回はアイムの家で採用される事が多い

☆窯業系サイディング

☆金属系サイディング(ガルバニウム鋼板)

☆塗り壁

に注目して特徴や商品のご紹介をします。

 

☆窯業系サイディング

日本で1番採用されている外壁材でアイムの家でも採用率NO.1の外壁材です。

窯業系サイディングとは、セメントに繊維質を混ぜ、板状に形成した外壁材です。

特徴:コストパフォーマンスが良い、施工が早い、デザインの種類が豊富

メンテナンス周期は1030年と商品によって異なります

目地(コーキング)のメンテナンスも必要になってきます

 

☆金属系サイディング

金属板(ガルバニウム鋼板など)と断熱効果のある板で出来た外壁材の事をさします。

特徴:軽量で地震に強く、スタイリッシュな印象になるのと、耐用年数が長いものだと3040年あり、人気の外壁材の一つです。

費用は窯業系サイディングより高めの印象

 

 

☆塗り壁

塗り壁といっても種類は様々・・・

モルタルとは砂とセメントと水を混ぜ合わせた材料から出来ています。

・工法は2種類

1 ガンと呼ばれる噴射器具で吹き付けにする工法

2 左官職人によってコテを使用して工法

が代表的です。

特徴:耐火性に強く、外壁の継ぎ目(目地)が無い、世界で唯一のデザインを作れる(お子さんの手形やビー玉を埋め込むなど)
また、塗り方によってもデザインの自由度は無限にあります。

ただ、塗り壁の費用は高く、クラック(ひび割れ)の現象が起きることも・・・

上記の写真はスタッコフレックスという商品でモルタル壁の装飾工法の一つの商品です

スタッコとはセメントや大理石、砂などを混ぜた原料をコテやローラーガンで吹き付けによって施工される工法です。

スタッコフレックスという商品は非常に弾力性に優れた商品でクラックの現象が起きにくい商品などもありますよ◎

その他にもリシン・ジョリパッド・吹き付けタイルなど様々なバリエーションがありますので

次回は外壁の施工例をご紹介したいと思います♪

お楽しみ