アイムの家

BLOG

スタッフブログ

2024.04.05

【断熱材】について解説します!

担当者

  • 笹井 瞬


皆さま、こんにちは。

アイムの家の笹井です。


夢のマイホームはやはり快適な空間が欲しいですよね。

快適さは、断熱性能と換気性能で決まると言えます。

 

今回は断熱性能、断熱材についてお伝えします。

 

液体で吹き付け、下地に吸着し自己発泡する「ウレタン断熱」のメリットは高い気密性と断熱性。

グラスウール系やスチロール系の完成品を切り貼りしながら施工する「旧来型の断熱」工法とは気密・充填性能が違います。

また、健康を害する原因となるカビやダニも、その繁殖につながる結露や湿気を防ぐには、室内の温度と湿度のコントロールが決め手になります。

そのために重要なポイントは、やはり気密性と断熱性で、高めることで外からの熱(暑さや寒さ)や湿気の影響を受けにくい住空間をつくることができ、温度や湿度がコントロールしやすくなるのです。

 

それぞれの比較をご覧ください。

 

 

そもそも、住宅の断熱とはいかに隙間なく家を包み込めるかが最大のポイント。

例えば、10センチ角の材料を並べて熱伝導率や気密性をいくら比較しても意味はありません。

技術が進歩する現在、いろいろな断熱工法を経験してたどり着いた答えです。

 

構造や仕様は様々な考えがございますし、難しい事が多いので、ご質問などございましたらお気軽にご相談ください。

「家づくりはご家族の幸せづくり」ご相談いつでも賜ります。