アイムの家

BLOG

スタッフブログ

2024.04.12

【窓】の性能は重要!

担当者

  • 小橋 洋輔

皆さまこんにちは!アイムの家の小橋です。


夢のマイホームはやはり快適な空間が欲しいですよね。

快適さは、断熱性能と換気性能で決まると言えます。

今回は断熱性能に直結する窓についてお伝えします。

 

他でお伝えした断熱材に加え、実は窓選びはとても重要です。

家の中で一番熱の出入りが大きい場所は窓。

その割合では、夏の冷房時に外から入ってくる熱の割合は74%、冬の暖房時に外に逃げてしまう熱の割合は50%にのぼります。

より熱が伝わりにくいものを採用されると快適性も向上するでしょう。

一般的にペアガラスや樹脂サッシなどが挙げられます。


(YKK apさんHPより抜粋)

https://www.ykkap.co.jp/consumer/satellite/products/articles/mado_textbook/insulation/


☆窓の性能を上げる事で得られる効果をご紹介します。

 

断熱性能・・・優れた断熱性能で冷房時の熱の侵入、暖房時の熱の流出を抑制し、冷暖房の効率を高めます。

電気の使用量を減らすことで冷暖房費はもちろん、CO2排出量を大幅に低減します。

遮音性能・・・断熱サッシは遮音性にも優れています。

車の騒音など外からの音の侵入や楽器などの室内から外への音漏れも抑えます。


防露性能・・・断熱性の高い樹脂複合構造や遮熱高断熱複層ガラスなどの効果により、結露を抑えます。

人の健康、住まいの健康を不快な結露からしっかりと守ります。

 

以上のように窓の性能を上げる事は省エネや遮音・防露にまでつながります。

更にアルゴンガスを充填すると効果もアップしますよ。

 

構造や仕様は様々な考えがございますし、難しい事が多いので、ご質問などございましたらお気軽にご相談ください。

「家づくりはご家族の幸せづくり」ご相談いつでも賜ります。